透水性ポーラスコンクリート ドライテック
 水たまりができないコンクリート‼ 
ドライテックで、コンクリート常識が変わる。
ドライテック
透水性舗装仕上材ドライテックとは?
ドライテックは高い透水性を持ちながら表面強度・曲げ強度に優れたポーラス構造の透水性コンクリートです。
          ①水たまりができない
          ②色むらがわかりにくい
          ③ひび割れもわかりにくい
          ④左官屋さんがいらない(夕方から打設できる)
     など、様々なメリットのあるコンクリートです!
快適・安全な環境をつくる
毎年のようにみられる集中豪雨・台風による河川の氾濫、道路の冠水。その一つの原因として、従来のアスファルト舗装、コンクリート舗装や各種建築物による地表面の遮水が考えられます。
 
高透水性のドライテックを歩道・建物外構・駐車場などに使用することで、その優れた透水能力で雨水を地中へ浸透させ、排水設備への負担を軽減し、自然災害に強い環境整備に貢献します。また、ドライテックの保水性・通気性はヒートアイランド現象を防止して快適な都市空間づくりに寄与します。
インターロッキングの下地にドライテックを利用
ドライテックのポーラス構造がコンクリート舗装の透水性を実現。組成分の無機バインダーは十分な強度と耐久性を発揮し、歩道・駐車場の使用にも対応します。
特殊骨材や樹脂系特殊バインダーを必要としないので、生コンプラントで簡便に製造し、速やかに現場への配送が可能です。
従来のコンクリート舗装に較べて配筋が不要で、水勾配の計画の必要もありません。
排水処理の計画・設備が不要で、均し工程も1回ですむため、作業性に優れ経費が大幅に削減されます。
1㎡から配送可能で、小規模な駐車場から大規模の舗装施設の施工まで対応します。
従来に変わる画期的ポーラスコンクリート舗装仕上材
ドライテックをインターロッキングブロックの下地に使用することで、水勾配などの排水計画やブロック陥没の心配がありません。 そのためコスト削減にもつながります。
透水性比較
ドライテック下地/インターロッキング仕上
ドライテック下地/インターロッキング仕上
ドライテックを下地に使用したインターロッキング仕上げは、自然に雨水を地中に浸透、地表面の遮水を防ぎ自然環境を護ります。ゲリラ豪雨に匹敵するホースからの大量の水を透水しています。
ドライテックの特徴
FEATURE
1.高強度
ドライテックは、透水性舗装材に求められる空隙を多く持つポーラス構造でありながら、表面強度・曲げ強度に優れ、コンクリート舗装材として十分な強度を長期的に保持します。
2.透水・保水性能
ドライテックは内部にポーラス構造と呼ばれる多くの空隙があり、雨水を透水・保水しながら地中へ浸透させるため、水溜まりができたり雨水が下水に集中するのを防ぎ、地下水系への影響を最小限に抑え安定化させます。
3.耐久性
●透水性ポーラスコンクリートドライテックは、無機バインダーを使用することにより、長期間、強度を維持し、透水性アスファルトなどで発生する修復不可能な空隙のつぶれなどを生じることがありません。
 
●土やほこりなどにより目詰まりを起こした場合、家庭用高圧洗浄機などで洗浄することにより、毛細管状に張り巡らされた排水網に汚れが抜けることで透水性が回復します。
4.快適性
店舗・住宅のエントランス・駐車場など雨の日も水溜まりがなく、お客様に快適に歩行して頂けます。
5.経済性
●施工に際しては特別な設備・機械が必要なく、コンクリート舗装と同程度のコストを実現しました。
 
●特殊骨材・樹脂系特殊バインダーを使用しないため、特別な設備も必要なく生コンプラントで簡易に製造、配送することができます。
 
●透水性ポーラスコンクリートのため、水勾配や排水計画の必要がありません。排水計画が取りづらい現場や犬走などの狭小スペースでの排水(透水)にも優れています。そのため排水設備が軽減され、コスト削減にもつながります。
6.環境性
自然環境の保全
雨水が循環するため地中構造が自然状態に近く、地下水の枯渇抑制、地盤沈下の防止、生態系の保護など自然環境保全に効果を発揮します。
 
ヒートアイランド現象の抑制
透水機能で保水された地中水分と通気機能による地中からの水分蒸散は、直射日光による路面温度の上昇を抑え、ヒートアイランド現象を抑制します。
7.作業性
材料製造の容易性・利便性
●ドライテックは、高品質な透水性舗装材を生コンプラントで製造することができ、住宅などの小規模の現場はもとより大規模な透水性コンクリート舗装現場においても施工できます。製造方法、施工方法は施工面積や規模により異なりますが、透水性舗装材の製造・施工において特別な設備・施工機材は必要としません。
 
●土間コンクリートのように時間経過とともに必要な複数回の均し作業(仕上げ・押さえ)の必要はありません。打設時のプレート押さえだけで、数量によっては夕方からの施工が可能です。
 
●曲げ強度に優れたポーラスコンクリートです。土間コンクリートに必要な配筋(メッシュ筋)の必要はありません。準備工程が削減されるだけでなく、搬入時の一輪車による間配りが容易となります。またミキサー車による直接搬入も可能です。
 
●無機主体の水系タイプで、作業時に取り扱いやすく、安全性にも優れています。
8.意匠仕上
ダイレクト仕上、ダイレクトカラー仕上、ダイレクト撒石仕上、インターロッキング仕上など様々な景観に応じた意匠を提供することができます。
多様なニーズに対応する透水性意匠仕上
ドライテック仕上(ドライテックをそのまま仕上材にする場合)
ダイレクト仕上
ダイレクト仕上
ダイレクト撒石仕上
ダイレクト撒石仕上
ダイレクトカラー仕上(ハニークリーム)
ダイレクトカラー仕上(ハニークリーム)
ダイレクトカラー仕上の基本カラーは8色
ラインホワイト/ニューグレー
アッシュグレー/チャコールグレー
ハニークリーム/モカ
レミーブラウン/パンプキン
多様な用途に対応する透水性ポーラスコンクリート
見取り図
アプローチ
車路
パーキング
パーキングスペース
エントランスアプローチ
歩道
ガーデンベンチ
コミュニティエリア
犬走
●各種仕上げの詳細につきましては、弊社までお問い合わせください。
●商品の写真・基本カラーは色調等実物とは多少異なります。
無機系透水性環境舗装材ドライテックは、
有機系透水性舗装材の様々な問題点を解決しました。
透水性環境舗装材比較表
●耐候・耐久性
ドライテック
無機材のため長期耐久性に優れる。 無機バインダーの結合により、気温の変化に関わらず、ポーラス構造を維持。
従来品透水性舗装材(有機系)
樹脂の劣化による耐久性の低下。 気温の上昇により、バインダー軟化溶融が原因とされる空隙つぶれ(目詰まり)が発生する。空隙つぶれは修復することができず、透水機能が著しく低下する。
●舗装材の保水性
ドライテック
無機材のため、無機バインダー無機骨材が保水機能を発揮、舗装材自体に保水機能を持たせることが可能。
従来品透水性舗装材(有機系)
保水性骨材を用いても骨材表面が樹脂皮膜で覆われてしまうので舗装材での保水は不可能。
●施工時の臭気
ドライテック
無機系の材料なので、ほぼ無臭。
従来品透水性舗装材(有機系)
打設混練時、溶剤臭あり(VOCガス発生)。
●施工性・経済性
ドライテック
生コンプラントで製造でき、小さな現場もコストパフォーマンスに優れる。
従来品透水性舗装材(有機系)
打設厚を厚くすることにより強度をカバー。大がかりな設備・機材が必要で小さな現場はコストアップ。
機能試験データ
●空隙率
管理基準
15%以上
試験値
20%
判定
合格
●曲げ強度(4W)
管理基準
2.50(N/mm²)以上
試験値
2.8(N/mm²)以上
判定
合格
●透水係数(cm/s)
管理基準
1.0×10⁻²cm/sec
(開流アスファルト)
試験値
1.1×10⁻¹cm/sec
判定
合格
施工手順/ダイレクト仕上
1
生コン車が現場に到着したら、水溶性の袋に入ったF材(特殊混和材)を生コン車に投入し5分程度ミキサーを高速回転してください。水量が不十分な場合は、注水して調整してください。
 
※プラントでF材(特殊混和材)を入れる場合は、注水調整のみ行ってください。
生コン車より受け取り/一輪車運搬/レイキー敷き均し
5
プレートができない転圧箇所(隅々)を人力タンパで転圧し、他はプレート転圧で平坦性を取りながら、プレートマークも消していき、十分にプレート転圧を行ってください。
 
[施工道具一式]コテ・スコップ・レーキ・トンボ・タンパー・コンパクター・一輪車
プレート転圧/転圧完了/施工道具一式
施工上の注意
施工前に必ず施工仕様書で詳細を確認してください。
気温5℃以下での施工は避けてください。
外装では、降雨および降雨が予想される場合の施工は避けてください。
  (夏場で24時間程度、冬場で72時間程度、雨等が施工面に当たらないような雨養生が必要です。)

ご注文に際しての注意事項

意匠仕上げの写真は実物とは異なる場合があります。ご選定の際は商品見本で確認してください。
施工仕様書等、詳細につきまして当社にお問い合わせください。
ドライテックに関するお問い合わせはこちら
四国生コンクリート工業株式会社
TEL.088-662-0030 FAX.088-663-0075
〒770-8006 徳島県徳島市新浜町1丁目1番30号