本文へ移動

工場の概要・歴史

工場概要

会社名 四国生コンクリート工業(株)
会社所在地 徳島市新浜町一丁目1番30号
資本金 1000万円
代表取締役
和仁 孝成
工場名
四国生コンクリート工業(株)
工場所在地 徳島市新浜町一丁目1番30号
設立年月日
昭和38年9月1日
JIS認証日 平成19年9月5日
JIS製品認証番号 GB0707049
工場従業員総数
22名
輸送職員数
10名
プラント 石川島社製
操作盤 KYC(光洋機械産業)
操作方法 FAコンピューター+マイコン式ボードコンピューター(LIBRA操作キーボード・テンキー・マウス)
計量方法 個別計量(ロードセル式)
ミキサ 強制練ミキサー(1.75㎥)×1基(公称能力 100㎥/h)
運搬車
10t車  4台
4t車  9台
3t車  2台
トラックスケール 鎌長製衡 製 (使用範囲40000kg~200kg)
セメント 普通   100t
高炉    80t
骨材
砕砂   350
海砂   300
1505   350
2010   300
4020   200
混和剤 AE減水剤 (1) 8000L
AE減水剤 (2) 6000L
AE減水剤 (3) 4500L
AE剤      6000L
ベビーミキサ 60ℓ 強制練ミキサー
耐圧試験機 アムスラー型 (最大1000kN)
試験設備 JIS試験設備一式
養生水槽
7.15
四国生コンクリート工業(株) ※平成30年9月1日現在
 
 
 

工場の歴史

昭和38年 9月 1日四国生コンクリート工業株式会社設立 資本金 2百萬円 ミキサ 日本建機㈱製 傾胴型 1㎥x2基
昭和42年 8月17日JIS取得 許可番号 第767013
昭和47年 5月 1日プラント改造 ミキサ変更 ミキサ 日本建機㈱製 強制練りパン型 1.75㎥x1基
昭和53年10月31日資本金 8百萬円に増資
昭和57年 1月20日バッチャープラント・材料受入設備  新設稼働開始 ミキサ IHI㈱製 傾胴型 2㎥x2基
平成02年12月13日資本金 1千萬円に増資
平成04年12月16日通産局 立入り監査
平成10年 4月 1日材料受入設備改造  シャトルコンベア新設稼働開始 骨材変更 ㈱鈴江組 砕石・砕砂・海砂に変更
平成10年 5月26日トラックスケール新設 (鎌長製衡㈱製 最大秤量40トン)
平成14年 7月 1日骨材変更 「松浦開発興業㈱」砕石・砕砂、「薮内建材㈲」に海砂変更
平成16年11月 1日代表取締役 佐々木 章博 就任   相談役 佐々木 圭祐 就任
平成17年11月16日経産局立入り
平成18年 1月 9日操作盤入れ換え IHI㈱製
平成19年 9月 5日新JIS取得(日本建築総合試験所)
平成23年 3月 1日再生クラッシャー製造機械新設稼働開始
平成27年 5月14日プラントミキサー(ツイスター 1.75㎥練)、計量ビン(KYC製)、キュービクル入替
平成30年1月9日操作盤入替 (KYC製 リブラα)
平成30年9月1日
代表取締役 和仁 孝成 就任  取締役顧問 佐々木 章博 就任
0
3
3
3
6
3
TOPへ戻る